アシスタンスサービスとは

海外進出する企業にとって避けては通れないリスクマネジメント。
アクサ・アシスタンスは最適な対策をご提供します。

海外出張や海外駐在に
伴うリスク

グローバルビジネスを展開する一方で、相対的に上昇するのが海外赴任者のリスクです。日本は他の先進国に比べて安全なため、海外赴任者のリスクは軽視されがちですが、実態を把握しましょう。

増加する「海外邦人援護件数」。
2016年は過去10年で最大の18,566件に。

グローバリズムの台頭、海外進出する日本企業の増加とともに、災害・事故・事件に巻き込まれてしまうリスクが高まっています。つねにテロの脅威に晒されている中東地域以外にも、パリ同時多発テロ(2015年)やラスベガス・ストリップ銃乱射事件(2017年)のように、いつどこで事件に巻き込まれてもおかしくない情勢です。

※2016年 外務省 領事局 海外邦人安全課 発表より

海外旅行保険は、病気やケガによる治療費の補償や病院の手配を目的としています。
補償されない万が一のリスクにどう立ち向かいますか?

「海外旅行保険さえ入っていればすべて補償される」というのは大きな誤解です。海外旅行保険の主な目的は病気やケガの治療であり、自然災害・テロ・戦争など、迫りくる危険から身を守ることは想定されていません。

労働契約法第5条に定められる「安全配慮義務」。
従業員が安心して安全に働ける環境整備が必要です。

労働契約法の中に具体的な「安全配慮義務」の規定はないものの、原則として想定できるリスクに対してはすべて対応することが求められます。国内では新型労災の話題とともにメンタルヘルスケアの重要性が叫ばれていますが、言語も文化も治安レベルも異なる海外においては、より一層の「安全対策」が求められます。

海外展開を支える
2つのアシスタンス・サービス

メディカルアシスタンス & セキュリティアシスタンス

メディカル
アシスタンス

海外赴任者は、言語の壁や生活習慣・商習慣・文化の違いなどから、生活における様々な場面で強いストレスに晒されます。加えて、母国では不自由なくできていたストレス解消ができない、身近に相談できる相手がいない、といったストレスを抱え込みやすい環境から、メンタルヘルスが悪化してしまうケースが非常に多く存在します。

アクサ・アシスタンスでは、24時間365日、日本語での電話相談が可能です。メンタルヘルスだけでなく、小児・育児相談、生活習慣病など、医療・健康に関することなら何でもご相談いただけます。

さらに、病気・ケガでお困りの際には現地の病院や医師をご紹介。予約の代行や、かかった治療費の立替払いも可能です。現地での治療が困難な場合は国内外の適切な医療機関へ緊急医療搬送、同乗する医療スタッフも手配します。海外赴任者の医療・健康をトータルサポートするメディカルアシスタンスサービスは、海外ビジネス展開の強力な後方支援となるはずです。

セキュリティ
アシスタンス

海外においては「自分の身は自分で守る」が鉄則ですが、仕事として渡航している場合は使用者に安全配慮義務が発生します。そのため、海外赴任者に対して事前に「どんなリスクがあるのか」「安全対策はどうするのか」といった教育を施し、十分な理解を得ることが必要です。もちろん、渡航中や渡航後の適切な配慮も求められます。

ところが、海外ビジネス自体が初めてのケースや、既に海外進出していても、出店経験のない国に新規展開するようなケースではノウハウがありませんから、安全対策はおろか、そもそもどんなリスクがあるのかすら把握することが難しいという課題に直面します。仮にリスクの把握ができたとしても、その対応策を企業が自ら講じることは困難でしょう。

最も重要な課題は、有事の際や自然災害発生時の海外赴任者の安全確保です。特に近年は事件・事故に巻き込まれるリスクが増加し、その内容も複雑化・高度化しているため、安全の確保は困難を極めます。海外ビジネスを成功に導くためには、セキュリティアシスタンスサービスが必要不可欠なのです。

サービスに関するご不明点などございましたら、
お気軽にお問合せください。

お問合せはこちら